ハイドロキノンは副作用が強いので安全に使用したいならキミエホワイトのほうがいい

シミに効果がある成分として最も効果が高いものと言えばハイドロキノンです。

この成分はシミを根本から消すことができますので、皮膚科などでのシミ治療では最も使用することが多い成分です。

ここではハイドロキノンの効果と副作用について詳しく紹介しながら、キミエホワイトとの違いなどにも触れていきます。

ハイドロキノンが効果がある理由は

シミの原因というのはメラニン色素が肌に残り続けるからです。

ただし、ハイドロキノンというのはメラニン色素を作る部分を機能させないようにしますので、それによってシミが徐々になくなったりします。

これによって、根本的にシミを消してしまいますので、再発を抑えることにもつながります。
現状ではシミの治療薬として効き目が強いために、皮膚科などで使用されるケースが多いです。

しっかりと紫外線対策をするべき

ハイドロキノンを使用する場合には今まで以上に紫外線対策をしていく必要があります。

なぜなら、紫外線対策をしないと使用した部分のシミがより一層悪化したりしますので、そこのところは十分に気を付けていかなければいけません。

白斑を起こすことがある

ハイドロキノンの代表的な副作用というのは白斑になったりすることです。

メラニン色素を完全に取り去るために働きますので、場合によっては肌の色が真っ白になったりする症状が起きたりします。白斑は健康に悪いわけではありませんが、見た目が悪いですので、どうしても気になったりします。

副作用が嫌ならキミエホワイトのほうがいい

ハイドロキノンは確かに効果が高いですが、副作用が起こるのが嫌だということであれば、副作用が起こるリスクが少ないキミエホワイトを使うというのも一つの手ではないでしょうか。

キミエホワイトは第3種医薬品で使いやすいです。

ハイドロキノンは使い方に注意をするべき

ハイドロキノンは使い方が難しいところがありますので、使うなら正しい使い方を心掛ける必要があります。
それに比べると、キミエホワイトは誰でも使いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です