キミエホワイトは肝斑にも効果があるのは本当か?

女性にとって肌トラブルに悩まされている人は多いのではないでしょうか。
肌トラブルの中でも多いものと言えばシミやそばかす、肝斑ではないでしょうか。

特に肝斑はスキンケアアイテムでケアをしようとしてもなかなか解消されないということが多いようです。
キミエホワイトは非常に治りにくいと言われる肝斑においても効果があるでしょうか。

肝斑とは何なのか?

肝斑とは治りにくいシミという風に言われているわけですが、シミとは全然違うものです。
シミとは紫外線によるものが多いわけですが、肝斑はホルモンバランスの乱れによって生じます。

若いころにシミやそばかすが起こることがあっても、肝斑は起こりにくいです。

しかし、年を重ねていくとホルモンバランスが乱れていきますので、それによって起こることがあります。
場合によっては妊娠や出産がきっかけで起こることもあります。

シミとは同じような症状であっても、原因が全く違いますので、同じような対処法では対処をすることができないです。
そのため、なかなかスキンケアアイテムを使用したとしても対処することができなかったわけです。

肝斑に効果があるのか?

キミエホワイトはシミに効果がありますが、正直言って肝斑に効果は無いと言ってもいいでしょう。

なぜなら、紫外線ではなく女性ホルモンのバランスの乱れによってシミのような症状が起きているからです。

肝斑に効果があるのはビタミンCなどが豊富に含まれているもの、もしくはトラネキサム酸が含まれているものがいいです。

通常のシミとは別のアプローチで治療をしていったほうがいいですので、下手なことをするよりは美容クリニックなどで治療をした方がましだと言えます。

キミエホワイトは肝斑を治す効果が薄い

キミエホワイトは通常のシミには効果があったりしますが、肝斑においては女性ホルモンの乱れが原因となっているために、残念ながら効果が薄いです。

効果がある成分としてトラネキサム酸が配合されている薬を使用するか、美容クリニックで治療をしたほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です