キミエホワイトはほくろにも効果があるのか?

キミエホワイトは塗り薬ではなく服用薬で体の内側から効き目を出すための薬です。
これはシミやそばかすに効くという風に言われているわけですが、ほくろにおいても効果があるのでしょうか。

ほくろができるメカニズムと共に、それが効果があるのかどうかについて解説いたします。

ほくろができるメカニズムは

ほくろは黒色斑のことで、メラニンが皮膚の一部に集中してできたものです。
紫外線やあらゆる刺激などによってメラニンができた過程においてメラノサイトが過剰に活性化されたためにできたわけです。

メラニンは外部からの刺激から肌を守るという目的でできますので人間にとっては必要なものではありますが、過剰にできるとほくろができてしまいます。

ほくろができる原因で一般的なのが紫外線です。紫外線を浴びすぎることによって肌のメラノサイトが活発になりすぎてほくろができてしまいます。

その他の原因としては、きつい下着や靴擦れ、肌荒れ時のメイクなどによっても起こりやすくなりますし、生活のリズムの悪化などによってメラニンの排泄が正常にできなくなることによってもほくろができてしまいます。

これ以上のメラニンの生成を防ぐ役割を持つ

L-システインやアスコルビン酸という成分がシミに効くという風に言われており、メラニン色素が作りだされるものを防ぐという効果があります。

それだけでなく、現在生じているメラニン色素の役割を抑えたり、体外に排出しやすくするという効果もあります。
ほくろに関してはメラニンの生成を防ぐという意味では悪化を食い止めることができるでしょう。

もうすでにできたほくろを薄くしたり無くなるという効果はありませんが、これ以上ひどくなるということは食い止めることができます。

ほくろの生成を止めることはできる

キミエホワイトによってメラニン色素が作りだすものを防ぐという意味においては、ほくろの生成を食い止めることが期待できます。

ただし、もうすでにできているほくろを薄くしたり消したりすることはできないので注意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です